着物の洗い張り

日本の伝統を守りたい

洗い張りとは、きものを解いて反物の状態に戻して洗い、布のりを引き、湯のしや伸子張りで反物の幅を整えることをいいます。

はじめに水洗いをして汚れやのりを落とします。
そこから新しく布のりを引くことで風合いを取り戻し、生地を蘇らせることができます。
仕上がりは反物の状態のため、きものにするためには仕立てて直すことができます。また、仕立て直す際に、寸法を変えたり、古くなった裏地を変えたり、八掛の色を変えてきものの雰囲気を変えたりすることもできます。











※当施設では作業工程を簡略化して行う場合がございます。